舞   姫
■切り絵のための下絵
画像を右クリック→「画像を印刷する」で
プリントアウト。さらにコピー機で
拡大する等、好みの大きさにして
ご使用下さい。
(アウトラインのギザギザは鉛筆等で修正して
スムースで柔らかなラインにして下さい)


切り方の基本は
こちら→「下絵を黒紙に切り抜く方法」
参考にして、刃物だけを動かすのではなく、
紙をよく動かして切るようにしましょう。
カッターを自由に使いこなせるよう、
どうぞよく練習して下さい。




「舞姫」
髪の細い部分を滑らかに切るのは、
難しいかも分かりませんが、挑戦してみてください。
この下絵の着色見本は有りません。
着物の柄や帯びには、市販の柄和紙とか
綺麗な包装紙などを使って工夫されてみてください。

雰囲気が一段とあでやかになるでしょう。


トップに戻る←

例えばゴールデンウィークとか、休みの日には
何もしないでボーっとしていたいという方が結構いるそうです。
何日も休みだと脳も休んでしまって
復活に時間がかかるそうです。
なんと!脳の活性化には「ぬりえ」も大変いいそうです。
色を塗るという作業は、癒し効果だけでは
なかったのですね。
そういえば、配色を考えるだけでも思わぬ発見をしたり、
意外性にワクワクしたり・・・、その過程が
良いのかも分かりません。



     
原画制作・大西良介
■ぬり絵のために